outline_en.html outline.html
英語 中国語 韓国語日本コンピュータ・エイディッド・テクノロジ株式会社
メニュー

―事業案内―

日本コンピュータ・エイディッド・テクノロジ株式会社(略称JCAT)は構造解析、各種装置の制御システムとシミュレーションプログラムの開発、およびそれらの応用技術の提供を目的として、1973年に大阪市北区で設立されたコンピュータ技術の専門会社です。

設立以来、常にコンピュ―タ応用技術の先端に立って幾多のカスタムメイド・ソフトとアプリケーション・ソフト、そして新技術を利用するための教材・資料を提供してきました。 以下は、受託開発と自社開発を通して私たちが展開してきた業務の主要な部分です。

  • 気象その他の自然現象を対象とした計測とデータ解析システムの開発
  • 各種生産ライン、交通システムのための計測技術と制御技術の開発
  • 化学プラントの開発、プラズマ装置の研究などに用いる基礎研究用シミュレーションプログラムの開発と最適化
  • 燃料電池その他、最新技術の応用設備の開発・設計用シミュレーションプログラムの制作
  • 既存のアプリケーション・ソフトでは対応できない、特殊なマネージメント業務の分析と運営システムの設計
  • ウェブサイトの構築と社内ネットワークの設置に代表される、通信技術とコンピュータの各種機能の連結
  • 新技術の実用化に必要なマニュアルなど各種資料の作成と翻訳、および頒布

コンピュータの小型化と大容量化とともに、その応用技術も大きな変転を重ねながら発展してきました。  JCATのプログラム開発作業も、技術計算を中心とする大型汎用コンピュータの利用技術から、小型コンピュータを用いた環境予測への応用、生産設備の経済性の追求、経営一般に関わる分析技術、インターネットの利用技術などに重点が移っています。 

この現実に対応し、かつ蓄積した応用技術と経験を生かすために、 昨年(2003年)経営スタッフの一部が交替し、新たな陣容でお客さまからのご要望に応えることになりました。

―代表者のご挨拶―

 JCAT株式会社を代表してご挨拶を申しあげます。

 小型コンピュータの普及と大容量化に伴って、大量の高速事務処理、インターネットの利用などがだれにも身近な技術となりました。 しかし、社会を支えるさまざまなシステムの性能が高度になれば、当然それを背後で支えるソフトウェアも複雑になっていきます。 近代的な機械や装置類の欠陥は恐ろしいものですが、それと同じく、ソフトウェアの設計・制作段階において見逃された小さなキズも大きな厄災の原因となりうるものです。

 私たちは何よりもシステム全体の安全性を優先し、しかも長期にわたって使えるソフトウェアであることを願ってプログラムを制作してきました。 システム全体の安定と安全性、整備されたインターフェイス、そしてメンテナンスの容易さこそがが経済性の第一条件だとの信念からです。

 これからも、培ってきた技術と経験を生かして新分野に挑戦し、安全で、かつ本当に役立つソフトウェアをお客さまに提供できるように社員一同力を尽くす所存です。

敬具

平成16年 3月

日本コンピュータ・エイディッド・テクノロジ株式会社
(旧社名:日本コンピューター・エイディッド・デザイン株式会社)
代表取締役  西 村 真 人
取締役    井 庭    康 


Copyright© 2003-2004 Jcat.co.ltd All Rights Reserved.
Tel: 06-6324-6141 / 問い合わせ
Updated:2004-04-08